口座開設の手順

外国為替証拠金取引を開始するには、FX取引業者と契約を結び、取引専用の口座を開設する必要があります。
ここでは、口座を開設する際の、基本的な手順をご説明いたします。
お申し込みの前には必ず、FX取引業者各社の約款、規定、ガイドなどをよくお読み下さい。

口座開設に必要なもの

  1. 運転免許証や保険証などの身分証明書
  2. 印鑑

口座開設の手順概要

取引業者比較から、業者のデーター、業者のWebサイトなどを熟読して、比較検討します。
希望の取引業者が見つかったら、業者名をクリックして取引業者のWebサイトへ移動しましょう。
ほとんどの場合“口座開設申込”というボタンがありますので、そちらをクリック。
案内にしたがい、住所、氏名、年齢、職業、銀行口座情報などの必要事項を入力していきます。
投資経験や年収、貯金残高などを記入しなければならない業者もありますが、投資を行うにあたっての簡単な審査ですので、あまり神経質になる必要はありません。
全ての記入が終わりましたら、本人確認書類を郵送かFAX・電子メールで業者宛に送信します。
書類に不備がなければ、通常1週間ほどで口座開設書が配達記録で送付されてきます。
口座開設書の中には、ログイン用のID・パスワードが入っているので大切に保管しましょう。

口座開設のヒント!

複数の取引会社へ申し込む
初めてFXに参加する場合は、なるべくたくさんの取引業者の口座を開設しましょう。
自分の売買スタイルが定着するまでは、いろいろな取引業者と実際に関わることが大切です。特にオンライン取引では、取引ソフトやインターネットの接続環境に大きく左右されます。
プロ投資家による市場分析レポートや、オンラインセミナーなど、口座開設すれば無料で利用できるサービスもありますので、複数口座を申し込んでそれぞれの取引業者の特徴を把握しましょう。
本人確認書類のFAX
本人確認書類で、運転免許証をFAX送信する場合、有効期限の部分が真っ黒になって見えなくなってしまうことがあります。
審査に時間がかかる原因にもなるので、運転免許証のコピーはできるだけ濃度を薄めにし、少し拡大するようにしましょう。
 
FX